中古車でもカーナビは欲しいですよね。カーナビもいろいろなものが発売されていますが、私は純正派です。

カーナビがもっと便利になる方法

中古車へのカーナビ選び、純正品と社外品

中古車にカーナビが付いていると、とても助かります。まず、純正のカーナビが好きな私は、純正が装着されて販売されているものを選びます。なぜ、メーカー純正品を選ぶかというと、車への収まり具合がとても好きなんです。いろいろなカーナビが発売されていますが、後付感が強い物が多いですよね。なんとなくしっくりきていない、なんとなく収まりが悪い感じがするのはきっと社外品のせいだと思いますね。色合いの悪さは、ダッシュボードとの相性に大きく左右されます。ほとんどの社外品は黒で統一されていますので、ダッシュボードがグレーだった場合がっかりですよね。

それと、インパネへの収まりの悪さ。サイズ自体は、規格サイズですので枠はぴったりなんですけど、なんとなく突き出た感じなどは妥協せざる負えません。液晶の角度も純正品は見やすく、太陽の光の影響を受けないように設計されて取り付けていますが、社外品はどの車に取り付けるかわからないので、一般的な車に合わせてあります。ですから、少しマイナーな車、ダッシュボードやインパネの設計が特殊な車へは取り付けても違和感が出てしまいます。しかし、社外品の機能の充実さはすごいです。一昔前では考えなれなかった機能が作られ、当たり前のように組み込まれています。社外品の魅力は、ここでしょうね。古くなった純正品を取替えるときは、社外品を選ぶことになるんでしょうけど、サイズをしっかり確認し、昨日もしっかり確認し購入したいと思います。

Copyright (C)2017カーナビがもっと便利になる方法.All rights reserved.